アスリート選抜入試・自由選抜入試

コミュニティ福祉学部スポーツ政策学科 3年  #90 DL 金子 舜

アスリート選抜入試の年間スケジュール

高校三年の春から志望理由書を書き始め、夏前完成させます。模擬面接も行います。アスリート選抜は夏の中間に受験日があり夏の後半頃に合格発表がありました。

この入試のいいところ

自分が大学で学びたい学部学科を選択できる点です。(数ある学部学科から第三志望まで選択できる)

どうしてこの受験制度を選んだのか

もともと、将来の夢に児童養護施設で働きたいという願望があり立教大学には福祉学部があったので自分の将来とぴったりだとおもったからです。また、RushersはTOP8であり高校と同じように日本一を目指せる環境にあったからです。

受験で何が一番大変だったか

高校で高い戦績を残すことです。アメフトはマイナーなスポーツな為、野球や他のメジャーなスポーツに見劣りしてしまい、そこがとても大変でした。


経済学部経済政策学科 2年 #55 DL 木和田 達弥

自由選抜入試の年間スケジュール

高校2年春から受けれるだけの英語資格を受験し、スコアを伸ばしました。高3の春から夏休みまでかけて、大学でやりたいこと、何故その大学のその学部でなければいけないのかをまとめ、ベースの志望理由書を作成します。ベースの志望理由に基づき、大学のフォーマットと擦り合わせる作業を9月頭までに全て完成させました。9月から2次試験に向けて小論文と、時事問題(自分にとっては経済のキーワードなど)の知識を付けました。1次の結果発表が10月頭にあります。2次試験の11月の半ばまで、面接練習と時事問題の反復練習をしていました。

この入試のいいところ

この入試は自分の普通の受験では考慮されないコミュニケーション能力や特別な経験なども武器として使える所です。

どうしてこの受験制度を選んだのか

17歳の夏から1年間アメリカに留学していました。その経験を有効活用しようと考え、留学経験から得た英語能力を生かせるこの受験を選びました。

何が一番大変だったか

1番大変だったことはこまめな情報収集です。自由選抜入試では大学に入りたい理由や、大学で何を学びたいかを問われます。ここで最も重要なことはいかに大学に入りたい理由がいかに緻密であるかということです。そのためには自分が大学で学びたいと思っているとこをしっかりと理解している必要があり、理解するためにはそれ相応の知識が必要です。それの情報収集は楽しいものではあませんが、合格には必須だったと感じています。

タイトルとURLをコピーしました