Philosophy | チーム理念


1934年に誕生した立教大学体育会アメリカンフットボール部St. Paul’s Rushersは、ポール・ラッシュ博士の想いを今に受け継ぐ、日本におけるアメリカンフットボールのルーツ校であり、甲子園ボウル4回優勝の歴史を誇ります。

現在は、選手・マネージャー・トレーナー120名を超えるの部員で、専用人工芝グラウンド、専用トレーニングジムにて「日本一」の目標を掲げ、日々の練習に取り組んでおります。

 私たちは、ポール・ラッシュ博士がフットボールを通じて見た夢を実現するため、以下を目指すことを誓います。

■ ALL RUSHERS PLEDGE


We rushers are...
1. Scholar athletes.

 (フットボールを通じて自分で考え実践する力を養います)


2. Proud of our roots.

 (立教がルーツ校である伝統と誇りを大切にします)


3. Integrating all grade levels through sport.

 (スポーツを通じた一貫連携教育を目指します)


4. Contributing to society.

 (学校・地域・社会に貢献し愛される存在を目指します)